ホーム > 更新履歴
旭東化学産業 リンク

 更新日2016/2/1
 ・ICE CREAM PRESS(2015年12月号) “ 原材料特集”の中で当社に関する記事が掲載されました。

●旭東化学産業
収益力の高いジェラート・高級シャーベットの提案強化
地盤の広がるソフトコーン、モナカも注力

 旭東化学産業は食品添加物の専門メーカーとして、「物性・食感を追求した、おいしさの提案」と「厳重な品質管理、
原料由来を考慮した安全な製品の提供」を第一に、品質の高い商品提供を行ってきた。
新年度は折からの乳製品不足に対応し、加えて高い収益率が見込めるジェラート・高級シャーベット分野の商品
提案を強化するとしており、同社の持つ幅広いラインナップの中から、ボディテクスチャーを向上させ滑らかな食感と適度な粘度生み出す「ユニー
ゲルFR-5」、ジェラートの特性でもある氷晶を感じさせる「ユニーゲルG-294」、素材が持つ濃厚な食感と適度な粘度を維持する「ユニーゲルGI-6KN」など、様々な要望に応えられる品揃えで取り組みを行う。
また安定感のあるソフトコーンアイス・モナカにも注力しており、特にこの分野は高額化も進行していることから、高額化商品に対応できる保形成・造形性の高い商品として、プレミアムタイプの「ユニーゲルGER-5V」、ソフトクリーム状の保形性が抜群でラクトアイスにも使用できる「ユニーゲルESH-2134」を提案。また通常品には「ユニーゲルESH-6V」、粘弾性がありアイスミルク・ラクトアイスには最適な「ユニーゲルEST-3V」を推奨する。
乳原料高騰に対応する呈味力引き上げにはデイリーパウダー「ユニツール」シリーズの提案を提案。同シリーズは新鮮な乳製品を高度に脂肪分解した“乳脂肪分解物・クリーム分解物”を主成分とする乳感向上呈味剤で、ミルク感を引き上げる「ユニツール・Mアップ」は
@高水分食品0.1〜0.5%、低水分食品0.5%〜2.0%と、少量添加で乳感が向上
A粉末品でハンドリング性良好
B乳由来原料が呈味素材で風味がナチュラル
C香料表示不要で高い汎用性―といった特徴がある。また標準的添加量で使用した場合の表示は、乳等を
主原料とする食品または、「香料」として一括表示することも可能となっている。
同社は香料メーカーであるコウシン化学工業をグループ化したことから、香料分野からのアプローチも行っており、安定剤とフレーバーの両面から今後もアイスクリーム業界に寄与していきたいとする。